スヌーピーファンなら要チェック!PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)全店の特徴&注目メニューまとめ

2023.12.11 UPDATE!!

(ページ)4/5

PEANUTS Cafe SUNNY SIDE kitchen(ピーナッツ カフェ サニーサイドキッチン)/東京都渋谷区

原宿駅前の竹下通りから脇道を入ったビルの中にある、PEANUTS Cafe SUNNY SIDE kitchen(ピーナッツ カフェ サニーサイドキッチン)は、「一日をしあわせにする、すこやかな食」をテーマにしたカフェ。 2021年夏のオープン後、2023年2月にリニューアルされ、貸し切りで使用できる5つのコンセプトルームが登場。総席数も50席から94席に増え、さらに利用しやすくなった。

緑に囲まれたガラス張りのオシャレな外観
緑に囲まれたガラス張りのオシャレな外観
店舗の前には、ロゴとともにスヌーピーが描かれたキュートな看板が
店舗の前には、ロゴとともにスヌーピーが描かれたキュートな看板が
白を基調とした明るい店内。クッションや椅子にもスヌーピーと仲間たちの姿があり、楽しさいっぱい!
白を基調とした明るい店内。クッションや椅子にもスヌーピーと仲間たちの姿があり、楽しさいっぱい!


ブース型のコンセプトルームはオレンジの「FRIEND」、ピンクの「LOVE」、イエローの「EAT」、グリーンの「LIFE」、そしてホワイトの「HAPPINESS」と、テーマごとに色分けされ、原作コミックから引用されたセリフや、コミックからのカットが飾られている。なお、ホワイトのみ最大6名、それ以外の4つの部屋はそれぞれ最大8名が利用可能。コンセプトルームの利用には、事前の予約が必要だ。

年代別のイラストカットで彩られた5つのコンセプトルームが並ぶ
年代別のイラストカットで彩られた5つのコンセプトルームが並ぶ
「LIFE」をテーマとしたグリーンのコンセプトルーム
「LIFE」をテーマとしたグリーンのコンセプトルーム


数あるメニューのなかでも特に見逃せないのが、コンセプトルーム限定の「SNOOPY & PEANUTS GANG TEA PARTY プラン」(1名6050円、2日前までに要予約)。ティースタンドには、チャーリー・ブラウンのジグザグ柄を表現したマンゴープリン、マーシーのメガネを思わせるソーセージパイなど、スヌーピーと仲間たちをイメージしたミニデザートが勢ぞろい。これらの品々に2種類から選べるパンケーキが付く。

スヌーピーと仲間たちの楽しいティーパーティーをテーマにした「SNOOPY & PEANUTS GANG TEA PARTY PLAN」※画像は2名用イメージ
スヌーピーと仲間たちの楽しいティーパーティーをテーマにした「SNOOPY & PEANUTS GANG TEA PARTY PLAN」※画像は2名用イメージ


グランドメニューのなかには、朝食にぴったりな一品も。「スパイシーチキンとフライドエッグのクラブハウストースト」(1518円)は、スパイスでマリネした鶏むね肉とカリっと焼いたベーコン、レタスやトマトに、とろとろの卵が絡み合う、食べ応え満点のトーストだ。

シャキシャキのレタスやトマトも添えられ、バランスもバッチリ!「スパイシーチキンとフライドエッグのクラブハウストースト」
シャキシャキのレタスやトマトも添えられ、バランスもバッチリ!「スパイシーチキンとフライドエッグのクラブハウストースト」


スイーツ系ドリンクも充実しており、原宿店限定の「ウッドストックのパッションフロート」(990円)は、マンゴージュースを使用したソーダフロートで、ウッドストックをイメージした一杯。そのほかに「シュローダーのレッドベリーフロート」「ライナスのスカイブルーソーダ」(各990円)も提供されている。

PEANUTSの仲間たちをイメージした華やかなドリンクも必見!左から「ウッドストックのパッションフロート」「シュローダーのレッドベリーフロート」「ライナスのスカイブルーソーダ」
PEANUTSの仲間たちをイメージした華やかなドリンクも必見!左から「ウッドストックのパッションフロート」「シュローダーのレッドベリーフロート」「ライナスのスカイブルーソーダ」


また、店舗入り口からコンセプトルームに向かう途中に、ショップエリアが設けられており、食事の合間にショッピングを楽しむことも可能。原宿店限定のアイテムをはじめ、PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)だけで買える貴重なグッズが並んでいる。

PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ) 博多/福岡県福岡市

2023年4月12日、九州初上陸となるPEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ) 博多が、JR博多駅直結の商業施設「JR博多シティ アミュプラザ博多」にオープン。同店は1年間限定(予定)の営業となっており、「JR博多シティ アミュプラザ博多」10階のグルメフロアに店を構える。グリーンが彩りを添えるウッディな外観が印象的だ。

JR博多駅直結でアクセス抜群の「JR博多シティ アミュプラザ博多」10階に、PEANUTS Cafeが期間限定でオープン
JR博多駅直結でアクセス抜群の「JR博多シティ アミュプラザ博多」10階に、PEANUTS Cafeが期間限定でオープン


期間限定の店舗でありながら、店内はPEANUTSの世界観であふれ、ほかのPEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)と比べても、まったく見劣りしない。天井には、スヌーピーと仲間たちが大集合したイラストがあしらわれ、壁にも仲間たちの姿が。さらに椅子の背もたれには、スヌーピーやピーナッツ・ギャングの顔が大きく描かれたボードが設置されている。席が空いている場合は、好きなボードが置かれたイスを選ぶのも楽しそう。このボードを持って、写真撮影するのもおすすめだ。

温もりを感じる居心地の良い空間に、PEANUTSの世界観が表現されている
温もりを感じる居心地の良い空間に、PEANUTSの世界観が表現されている


次に、気になるメニューを見ていこう。数あるなかでもやはり、PEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ) 博多でしか味わえないメニューは見逃せない。「ザ・グースエッグススライダープレート“HAKATA”」(2640円)は、中目黒店の看板メニューである「ザ・グースエッグス スライダー」をアレンジしたボリューム満点のプレート。4種類のミニバーガーは「チリコンカン」「ピーナッツバター&ベリージャム」「カボチャのサラダ」「スパイシーチキン&トマト&目玉焼き」と、個性豊かなラインアップになっている。

個性あふれる4つのミニーバーガーを堪能できる「ザ・グースエッグススライダープレート“HAKATA”」
個性あふれる4つのミニーバーガーを堪能できる「ザ・グースエッグススライダープレート“HAKATA”」


ほかにも、誇り高き精神を持つホコリまみれの男の子・ピッグペンをイメージした「ピッグペンの“ホコリ高き”カルボナーラ」(1958円)など、PEANUTSファンの心をくすぐるメニューがずらり。

竹炭パウダーでピッグペンの”誇り”を表現した「ピッグペンの“ホコリ高き”カルボナーラ」
竹炭パウダーでピッグペンの”誇り”を表現した「ピッグペンの“ホコリ高き”カルボナーラ」


スイーツの注目メニューは、スヌーピー率いるビーグル・スカウトが、キャンプで楽しんだ焼きマシュマロをモチーフにした「“ビーグル・スカウト”スモア」(1529円)、スヌーピーのクッキーが乗った「コーヒーゼリーとバニラアイス」(968円)など。がっつり甘いものを食べたいときから、食後に少し甘いものが欲しいときまで、さまざまなシーンにぴったりなスイーツがそろっている。

「ビーグル・スカウト”スモア」は、2〜3人でシェアできるボリューム
「ビーグル・スカウト”スモア」は、2〜3人でシェアできるボリューム
スヌーピーのイラストがプリントされたクッキーや、イチゴがトッピングされた「コーヒーゼリーとバニラアイス」
スヌーピーのイラストがプリントされたクッキーや、イチゴがトッピングされた「コーヒーゼリーとバニラアイス」


さらに、全国にあるPEANUTS Cafe(ピーナッツ カフェ)と同様、博多店もグッズコーナーを併設。普段使いはもちろん、ギフトにもぴったりなオリジナルグッズや、博多店限定デザインのアイテムを購入できる。

店に入って右手側がグッズコーナー。日常に彩りを添えてくれる、スヌーピーたちのグッズを豊富に用意
店に入って右手側がグッズコーナー。日常に彩りを添えてくれる、スヌーピーたちのグッズを豊富に用意
グッズコーナーには、ひょっこり覗くチャーリー・ブラウンがかわいらしい鏡を設置
グッズコーナーには、ひょっこり覗くチャーリー・ブラウンがかわいらしい鏡を設置
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

この記事の画像一覧(全94枚)

image

スヌーピー(PEANUTS)

漫画「PEANUTS (ピーナッツ)」に登場する、主人公のチャーリー・ブラウンの愛犬。空想力豊かで、さまざまなキャラクタ―になりきる

Page Top