手ぶらキャンプならギアがセットのカーシェア「ストリカ」で!最新SUV×ルーフテントの車上泊を体験

「キャンプに興味があるけど、道具を買いそろえるのが大変で、しまう場所もない」「クルマもギアも持ってないけど、本格キャンプをやってみたい」。これらのニーズに応えてくれる画期的なサービスが、アルパインのカーシェアリング「ストリカ」だ。

秀治さんと智子さんが選んだのは、ルーフトップテントで車上泊ができる「ストリカ」仕様のエクストレイル
秀治さんと智子さんが選んだのは、ルーフトップテントで車上泊ができる「ストリカ」仕様のエクストレイル

大きな魅力は、クルマがキャンプ仕様にカスタマイズされているうえ、テントから各種ツールまでキャンプに必要な道具一式が車載されている点にある。しかも、採用ギアはハイエンドなブランドばかり。今回「ストリカ」を利用する秀治さんと智子さんも、キャンプデビューを夢見ていたひと組。非日常なアウトドア体験を求めて、小川が流れるオートキャンプ場へ向かった。

「天気もいいし、最高のキャンプ日和だね!」と朝からテンション高めの智子さん。秀治さんもエクストレイルを見るなり「まずクルマがかっこいい。いつものレンタカーとは全然違うよね!」とご機嫌だ。

実車を目の前に、笑顔全開のふたり。車上にはすでにルーフトップテントがセットされている
実車を目の前に、笑顔全開のふたり。車上にはすでにルーフトップテントがセットされている

アルパインがキャンプ仕様にコーディネートしたエクストレイルは、既存品にはない特別なブルーカラーでスタイリッシュ。ふたりは意気揚々と乗り込み、いざキャンプ場へ!

タイヤも安心の高性能タイプ。夏季は写真のオフロードタイヤ、冬季はスタッドレスとなる
タイヤも安心の高性能タイプ。夏季は写真のオフロードタイヤ、冬季はスタッドレスとなる

「ストリカ」では車体はもちろん、車内の随所にも最新機種が搭載されている。それは、アルパインがカーエレクトロニクスのトップメーカーだから。大画面で高性能なカーナビをはじめ、高精細なデジタルルームミラー、臨場感満点のスピーカーなど、ドライブ中も至福の空間を提供してくれる。

最新式の大画面ナビが、スムーズな道案内を約束
最新式の大画面ナビが、スムーズな道案内を約束

青く光るスピーカーも特別感を演出
青く光るスピーカーも特別感を演出

秀治さん&智子さんに共通する趣味のひとつが音楽フェス。お気に入りのアーティストの曲を、迫力満点のサウンドで聴きながら、しばしライブの思い出話にふける。「次は『ストリカ』でフェス参戦に決まりだね!」「いつかフェスキャンプしたいって言ってたけど、これで夢が叶うね」とワクワクは止まらない。

リヤシートにはサブウーファーが。立体的なサウンドはこうして生み出されている
リヤシートにはサブウーファーが。立体的なサウンドはこうして生み出されている

ナビの的確な案内と心地いい音楽で会話も弾み、あっという間にキャンプ場へ到着
ナビの的確な案内と心地いい音楽で会話も弾み、あっという間にキャンプ場へ到着

「ストリカ」のキャンプ道具は、一流アウトドアブランドのプロダクトがそろう。なおかつビギナーでも簡単に設営できるギアが厳選されている。これらがあらかじめ積載された状態でクルマを借りられるので、着替えや食材、一部の消耗品などを用意するだけで本格キャンプが楽しめるのだ。

機能美に優れたキャンプ道具は扱いもしやすく、それらがぎっしりと積み込まれている
機能美に優れたキャンプ道具は扱いもしやすく、それらがぎっしりと積み込まれている

ノルディスクのタープ、スノーピークの焚き火台など、各種ギアは国内外のハイエンドブランドばかり
ノルディスクのタープ、スノーピークの焚き火台など、各種ギアは国内外のハイエンドブランドばかり画像提供:アルパイン

使ったことがないギアの扱いは、キャンプ経験者でもつまずきがちなポイント。ビギナーであればなおさらだ。この悩みを解決してくれるのが、オリジナルの使いこなしマニュアル。テントやタープの設営はもちろん、焚き火台などの組み立てもしっかり解説してくれ、メーカーの公式サイトなどを一つひとつ見なくても、セッティングできる。

マニュアルはカラーで写真付き。アウトドアに不慣れでもわかりやすく、安心だ
マニュアルはカラーで写真付き。アウトドアに不慣れでもわかりやすく、安心だ

智子さんが的確に指示。普段のチームワークが生かされる
智子さんが的確に指示。普段のチームワークが生かされる

「ストリカ」のルーフトップテントは、ポールが内蔵式なうえ、ロープとペグは不要で設営と撤収が簡単。さらに底部が汚れない、車上から見下ろす景観美など、メリットだらけだ。ふたりとも、ルーフトップテントは初体験で、「クッションも分厚くて、快適だよ!」と、智子さんは大はしゃぎ。その笑顔に、秀治さんの満足度もひとしおだ。

ルーフトップテントは、カーキャリアの世界的ブランド・THULE(スーリー)製。安定感も抜群だ
ルーフトップテントは、カーキャリアの世界的ブランド・THULE(スーリー)製。安定感も抜群だ

テント内は想像以上に広く、完全に足を伸ばしてくつろげる。モンベルのシュラフとイスカのインナーシュラフはふかふかで心地いい
テント内は想像以上に広く、完全に足を伸ばしてくつろげる。モンベルのシュラフとイスカのインナーシュラフはふかふかで心地いい

すぐそばには川が流れ、ザーッという水の音に癒やされる。マイナスイオンあふれるこの緑の中で、ふたりはしばし大自然を満喫した。

天気がいいので水の冷たさが気持ちいい。夏は水着持参でも良さそうだ
天気がいいので水の冷たさが気持ちいい。夏は水着持参でも良さそうだ

「ストリカの」搭載ギアの中で好評なアイテムのひとつが、アルパインの最新ポータブル電源「AS-700BAT」。コンセントやUSB端子などを複数搭載しているので、スマホの充電はもちろん、ガジェットや電化製品なども併用できる。

スマホ2台同時の充電もばっちり!
スマホ2台同時の充電もばっちり!

日が落ちてきたら夕食の準備へ。秀治さんは焚き火台をセットし、智子さんは食材をカット。BBQをメインとした、非日常なアウトドアディナーの幕開けだ。なお、「ストリカ」には家庭用のカセットボンベが使えるSOTO(ソト)のシングルバーナーも用意されていて、多彩な料理が作れる。

「ストリカ」には一部の消耗品がセットになったアメニティグッズ付き。着火剤もあるので、火起こしは簡単
「ストリカ」には一部の消耗品がセットになったアメニティグッズ付き。着火剤もあるので、火起こしは簡単

カトラリーや調理グッズもひと通り完備。シングルバーナーは安全性が高く火力調整も自由自在で、使い勝手が抜群だ
カトラリーや調理グッズもひと通り完備。シングルバーナーは安全性が高く火力調整も自由自在で、使い勝手が抜群だ

初めての本格キャンプは新鮮な体験ばかり。秀治さんと智子さんは付き合いたての頃を思い出し、当時を振り返りながら話に花を咲かせる。

翌日も朝から天気に恵まれ、小鳥のさえずりと水流の音で目覚めたふたり。すがすがしく、贅沢な時間をゆっくりと過ごしながら朝食を楽しむ。智子さんはホットドッグを、秀治さんはコーヒーを淹れ、とっておきのモーニングが完成した。

心地いい朝日を浴びながら飲むコーヒーは、格別のおいしさ
心地いい朝日を浴びながら飲むコーヒーは、格別のおいしさ

すっかりリフレッシュしたふたりのキャンプも終盤へ。キャンプは後片付けがネックだが、「ストリカ」ならこれもスマート。なぜなら、タープやグリルなどの汚れはサッと落とせばOKで、各ケースやBOXに収納してトランクに積み込めば、そのままクルマごと返却するだけでいいからだ。

そのまま返せばいいのでラク!
そのまま返せばいいのでラク!

また、一般的なカーシェアリングサービスの点検や整備は2週間に1回程度だが、「ストリカ」では専門業者が毎回除菌も含めて実施する。利用後の清掃やメンテナンスは不要で、安心して利用できるのだ。

ふたりだけで行く初めての本格キャンプは、至れり尽くせりな「ストリカ」のおかげで大成功。帰りの車内はさっそくキャンプフェスの話で持ち切りだ。もちろんそれは「ストリカ」ありき。

お互いの新たな一面を知り、ふたりの距離もいっそう縮まった
お互いの新たな一面を知り、ふたりの距離もいっそう縮まった

すっかりファンになり、「『ストリカ』にはポタリングプランもあるし、それもよくない?」と秀治さん。「いいね!」と智子さんもノリノリだ。これからも「ストリカ」が、ふたりの新たな思い出作りにひと役買ってくれることだろう。【ウォーカープラス/PR】



関西のおすすめキャンプ場

天滝公園キャンプ場(兵庫県養父市)

12019

日本の滝百選に選ばれている天滝のおひざ元にある、1980年開業の老舗キャンプ場。たなだを利用したサイトは、場所によって森の中や絶景が望めたりとさまざまな景色が見られるほか、秘密基地のような隠れ家気分が楽しめる。周辺には、川魚のつかみ取りができる「あゆ公園」や「とがやま温泉 天女の湯」、渓谷で子供も安心して楽しめるキャニオニング「ノースツアー」など、自然体験ができるのがうれしい。

六ツ矢崎浜オートキャンプ場(滋賀県高島市)

7666_1

琵琶湖畔に広がる開放感あふれるオートキャンプ場。敷地は湖畔に沿って全長約450メートルに広がっており、自動車100台収容のフリーサイトがあるため、好きな場所に車を止めてキャンプが楽しめる。バーベキューなどの日帰り利用も可能。また、ペットと一緒に利用できるサイトもある。

美山町自然文化村キャンプ場(京都府南丹市)

101904

清流由良川のほとりにある自然豊かな複合施設内のキャンプ場。電源付きのオートキャンプサイトや林間サイトのオートキャンプサイトがあり、春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉を楽しめる。デイキャンプには入場料だけで楽しめる日帰りエリアが設定されており、スタイルに合わせてアウトドアを満喫できる。併設の河鹿荘では、旬の食材を使った料理が味わえる宿泊プランや日帰り入浴も人気だ。


※感染症対策を行ったうえ、撮影時のみマスクを外しています。

※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

写真=阿部昌也
取材・文=中山秀明
取材協力=青野原 野呂ロッジキャンプ場

twitter
facebook
line