トマト×チーズの最強タッグ!松屋の世界紀行シリーズ第2弾「カチャトーラ定食」を実食レポ

2020.03.17

“おひとりさま”が一般化し、さらに身近な存在となった外食チェーン・松屋。松屋といえば、おなじみの「牛めし」以外にも、各種丼ものやカレー、定食などの豊富なメニューが特徴で、ほぼ2週に1度の火曜日に新メニューが登場している。ウォーカープラス編集部では、つい“いつもの”を頼んでしまう人や、“おひとりさまごはん”を楽しみたい人に向けて、松屋をさらに楽しむ方法を#ソロ松と題して応援していく。第5回は、女子ライター・於ありささんが3月17日(火)から発売する松屋の世界紀行シリーズ第2弾「カチャトーラ定食」の実食レポートをお届けする。

松屋の世界紀行シリーズ第2弾は「カチャトーラ定食」

今回、編集部がおじゃましたのは、松屋用賀店。実食レポを担当する女子ライター・於ありささんは「今回はどんな料理が食べられるんですか?」と前のめりに話してくれた。

そんな於さんに今回試してもらうのは、3月17日(火)から期間限定で発売される「カチャトーラ定食」(790円)。2月にSNS上でバズを呼んだ「シュクメルリ定食」に続く、松屋 世界紀行シリーズの第2弾だ。

「カチャトーラ?聞いたことがないんですけど、今回はどこの料理なんですか?」(於さん)。このコメントを聞いて、松屋の担当者は「カチャトーラはイタリアの伝統料理、イタリア語で狩猟風のという意味なんです。野菜たっぷりのトマトソースに鶏もも肉と彩り野菜、それからチーズで仕上げた一品なのですが…とりあえず食べていただきたいです!」と自信満々におすすめしてくれた。

チーズ×トマトに彩り野菜がゴロゴロ!ボリューミーかつごはんが進む一品

注文から待つこと数分、於さんの前に「カチャトーラ定食(ライスミニ)」(760円)が到着。「おお!見た目がカラフル!トマトとガーリックの香りがここまでしてきます!」と於さん。

さらに於さんは「チーズがしっかりかかっていて、もう鶏肉が見えてませんよね!私、チーズ大好きなので、これはうれしいです!」とチーズに着目。これを聞いた松屋の担当者は「実は今回チーズの量が2倍のダブルチーズカチャトーラ定食も同時に発売するんですよ。於さんのようなチーズ好きの方には、ぜひそちらも試していただきたいです!」とコメント。これには於さんも「え!チーズたっぷりのイタリア料理定食が1000円以下で楽しめるなんて贅沢すぎませんか?絶対に試します!」とうれしそうに答えていた。見た目も楽しんだところで、いよいよ実食。

「最初から鶏肉が切れているんですね。ちょうどスプーンに乗る一口サイズに切れているのはありがたいな」(於さん)

「ん~!おいしい!正直、トマトソース煮込みってご飯に合うのかな?飽きちゃわないかな?って思ったんですけれど、トマトの風味だけではなくて、程よい塩加減とガーリックの味がしっかりとついているので、ご飯とめっちゃ合いますね。それに鶏肉一つひとつが柔らかいながらも食べ応えはしっかりありますね」と大絶賛。

「赤と黄色のパプリカに、ズッキーニ、これはオリーブですか?松屋さんってこんなにおしゃれな野菜を使ったメニューもできちゃうんですね。この企画が始まるまで牛めしばかり食べていたのですが、最近は松屋さんって実はいろんな種類の定食が食べられる定食屋さんなんだなって実感してます」(於さん)。

夢中に食べてあっという間に完食した於さんは「おいしかった~!スプーンにちょうど乗る大きさの鶏肉が8つあって、もうそれだけで満腹です」とご満悦。

「実は今回、定食は券売機でミニサイズのご飯を選べるって知ったので、ミニにしてみたのですがサラダとメインだけでお腹いっぱいになっちゃったので、ちょうどよかったです!」と自分なりの楽しさを見つけていた。

今回実食したメニュー

今回紹介したのは3月17日(火)新登場の「カチャトーラ定食」(790円)。チーズ好きにはたまらない「ダブルチーズカチャトーラ定食」(830円)も同時販売される。もちろん定食メニューなのでライス・みそ汁・生野菜付き。ちょっぴり贅沢したい日には、ぜひお楽しみを。

【ウォーカープラス/PR】

於ありさ

twitter
facebook
line