【大船〜腰越エリア】湘南モノレールでめぐる鎌倉・隠れた注目スポットへ

2021年11月22日(月)〜26日(金)に「鎌倉ワーケーションWEEK2021 Vol.1」というキャンペーンが開催される。民泊サービスで知られる「Airbnb(エアビーアンドビー、通称エアビー)」協力のもと、鎌倉のコワーキングスペースと連携したイベントだ。

ワーケーションとは「働く(Work)」と「休暇(Vacation)」を組み合わせた言葉で、ゆったりと旅先で仕事とバケーションを両立させながら楽しむ、という働き方のひとつ。

都心からも近く、自然豊かな鎌倉は、ワーケーションにぴったりの場所。今回は、せっかくなら名物スポットだけではなく、少し変わった場所へ行きたい!という人に向けて、「大船」からスタート。実は大船駅は鎌倉の玄関口。そこから湘南のド真ん中へ、アトラクションを楽しむように向かう「湘南モノレール」沿線コースを紹介する。

湘南モノレールの大船駅。左側に見えるのが大船観音寺
湘南モノレールの大船駅。左側に見えるのが大船観音寺画像提供=湘南モノレール

大船という街は、歴史文化の鎌倉エリア、豊かな海の湘南エリアに隣接していて暮らしやすい街。交通のアクセスも抜群で、東京・横浜方面への通勤、通学などにも便利なので、住んでいる人も多い。ゆえに人情あふれる商店街や、地域の人々に愛される飲食店などが数多く集まっているので、街ブラだけでも楽しめる。

1:「NEKTON OFUNA」で午前のワーケーション!

大船駅東口から徒歩5分、モノレールの大船駅から徒歩3分という便利な場所にあるのが、鎌倉市テレワーク認定店でもある「NEKTON OFUNA」。2018年9月に地域の人々が楽しく集う“みんなの起点”となるように、とオープン。利用者は地元の人が多いが、鎌倉で働く、鎌倉で学ぶ人たちを歓迎するワークスペースだ。

4階のカウンター席。ウェブミーティングもOKのスペースが人気
4階のカウンター席。ウェブミーティングもOKのスペースが人気

利用者のニーズに合わせて1階、3階、4階とフロアが分かれているが、集中して仕事や勉強をしたい人は、4階のコワーキングスペースを利用しよう。ドロップインなら2時間500円、1日利用は1000円。ウェブミーティングを行うことができるオープンスペースと、会話禁止のサイレントスペースに分かれている。1階と3階には会議室があり、チームミーティングや、セミナー会場など、グループで利用も可能。

セミナーやワークショップなど、用途に合わせて選べる空間「POP-UP SPACE」(写真は3階)
セミナーやワークショップなど、用途に合わせて選べる空間「POP-UP SPACE」(写真は3階)

「鎌倉ワーケーションWEEK Vol.1」の期間中は、「POP-UP SPACE」と呼ばれる1階&3階の多目的空間で、子供たちのアート作品の展示会や、子供たちの科学実験教室が開催される。そのほかの期間でも、随時さまざまなイベントが開催され、Facebookにも掲載中。興味のあるものがあったら参加してみよう!

1階の会議室(P1)は商店街の路面スペース
1階の会議室(P1)は商店街の路面スペース

1階の会議室(P2)はワークショップにも最適
1階の会議室(P2)はワークショップにも最適

1階の会議室は、商店街の賑わいを横目に、期間限定で開催されるイベント会場や、アンテナショップとして利用できる。大船の街の空気感を感じられる多目的空間として人気。

4階、会話禁止のサイレントスペース
4階、会話禁止のサイレントスペース

今年に施設を100平方メートルから222平方メートルと増床。パーテーションで区切り、利用者同士にゆとりのある仕様に変更した。内装や照明など、長時間の利用でも集中力が途切れにくい配慮もされている。また、利用者のイスは全席デザイナーズチェアを採用。リラックスして仕事と向き合えそう。

■NEKTON OFUNA
住所:鎌倉市大船1-12-10 湘南第5ビル4F
電話:0467-53-8100
営業時間:平日8:30〜20:00、土日8:30〜19:00
休み:不定
席数:46席※禁煙
駐車場:なし
アクセス:JR大船駅東口より徒歩5分、湘南モノレール大船駅より徒歩3分
HP:http://www.nespa-ad.co.jp/nekton/

2:湘南しらすも! 腰越沖の魚を「池田丸 腰越本店」で堪能

湘南モノレールの大船駅
湘南モノレールの大船駅

朝の仕事がひと段落したら、湘南モノレールに乗ってランチを食べに行こう!大船駅から湘南江の島駅まで乗車時間は約15分程度。

海が見えてくると、湘南江の島駅も近い
海が見えてくると、湘南江の島駅も近い

住宅の間やトンネルなどを通るため、景色を見ているだけでも面白い。あっという間なので見逃さないで!駅に着いたら、腰越漁港を目指して歩こう。腰越漁港までは徒歩で約10分。周辺の街並みも、湘南の雰囲気が強くなっている。腰越漁港目の前に「池田丸 腰越本店」がある。

国道134号線沿いの人気の食事処。店内に入ったら2階へ上がろう
国道134号線沿いの人気の食事処。店内に入ったら2階へ上がろう

経営するのは釣り船「池田丸」の漁師で、日替りで20〜30種の魚が調理される。自ら水揚げしたものと、大型定置網から直接買い付けた地魚のみ。神経締め、血抜きの処理を丁寧にしているから鮮度も抜群。運が良ければ、湘南しらすにもありつける。シラス漁は1〜3月が禁漁期間で、水温が低くなると捕れにくくなるので、「鎌倉ワーケーションWEEK Vol.1」の期間は年内でも最後のチャンス!

「しらす定食」(1450円)。サクサクとした食感の湘南しらすのかき揚げに、釜揚げ、生シラスの小鉢が付く。生シラスが捕れない日はほかの一品に変更
「しらす定食」(1450円)。サクサクとした食感の湘南しらすのかき揚げに、釜揚げ、生シラスの小鉢が付く。生シラスが捕れない日はほかの一品に変更

「刺身定食」の刺身の種類は日替りで、写真はサワラ、ホウボウ、ワラサ、スズキ
「刺身定食」の刺身の種類は日替りで、写真はサワラ、ホウボウ、ワラサ、スズキ

「刺身定食」(1760円)は、朝捕れの魚を調理しているので、サクッと歯切れがよく新鮮! 魚の美味しさをしみじみ感じる一品。釜揚げシラスなどの小鉢が付く。

大ぶりなタチウオ。素材を生かして、塩のみのシンプルな味付けなのも新鮮だからこそ
大ぶりなタチウオ。素材を生かして、塩のみのシンプルな味付けなのも新鮮だからこそ

焼き魚、煮魚などの単品を「ご飯セット」(+440円)にできるのも嬉しい。例えば、「タチウオの焼魚」(時価)は、おおよそ1210円前後だが、ご飯セットにすると1650円となる。全ての魚が大きくてふっくらと弾力があるので、魚を存分に味わいたい時にはぴったりだ。

座敷席から腰越漁港を一望できる。この景色がまた絶景!
座敷席から腰越漁港を一望できる。この景色がまた絶景!

現在、土日祝は夜の営業もしているので、夕暮れの海を眺めながらの食事もいい。平日は、ランチ営業のみなのでご注意を!

目の前の腰越漁港からは江の島が見える
目の前の腰越漁港からは江の島が見える

■池田丸 腰越本店
住所:鎌倉市腰越2-12-10
電話: 0467-32-2121
営業時間:11:30〜14:30(LO)、土日祝11:30〜14:30(LO)、17:00〜19:30(LO)
休み:木曜、不定
席数:28席※禁煙
駐車場:3台(無料)
アクセス:江ノ電 腰越駅より徒歩2分、湘南モノレール湘南江の島駅より徒歩10分
HP:https://ikedamaru.net/restaurant.html

3:午後は自然の中でリフレッシュ!「鎌倉中央公園」

ぶら下がって走るため、揺れ方や目線も新鮮!
ぶら下がって走るため、揺れ方や目線も新鮮!

湘南江の島駅から乗り込み、湘南町屋駅で降りて向かうのは「鎌倉中央公園」。午後は自然の中で、小休止しながらリフレッシュしよう。駅から信号を渡った向かいの坂を登り、住宅街を抜けた先にある。入口は4カ所あり寺分口が一番近いが、もう少し歩いてメインゲートの清水塚口まで行こう。バスのロータリーが目印。

「鎌倉広町緑地」のある西鎌倉駅。鎌倉広町緑地でも青空ワーケーションができる
「鎌倉広町緑地」のある西鎌倉駅。鎌倉広町緑地でも青空ワーケーションができる

「都市緑化植物園ゾーン」と、田畑などの景観を保つ「自然活用ゾーン」、小動物や鳥類、野草などを保護した「保全ゾーン」に分かれている広い公園。住宅街に突如として現れる公園は、中に入れば入るほど田んぼや農作業の風景が残り、懐かしい気分に。

田んぼや谷戸の風景が残る。里山が保存され、鎌倉とは思えないほどのどか(写真は夏の様子)
田んぼや谷戸の風景が残る。里山が保存され、鎌倉とは思えないほどのどか(写真は夏の様子)

ベンチはそこかしこにあり、入口近くの「入口広場」や「芝生広場」もいいが、森林浴なら「疎林広場」へ。気分を変えて、青空ワーケーションも体験してみよう!

明るくて緑に囲まれた「疎林広場」。時折、小動物に出合える時もあるとか
明るくて緑に囲まれた「疎林広場」。時折、小動物に出合える時もあるとか

自然に囲まれたベンチで森林浴をしながら、午後のお仕事。自然が好きな人にはうってつけのスポット。仕事がひと段落したら、公園内の散策もしてみよう。ぬかるんだ道や山道もあるので、散策をするならしっかりした靴を履いて行こう。公園全体は軽いアップダウンがあり、山登り気分も味わえる。自然の中では、鳥のさえずりや、小さな生き物もたくさん。リフレッシュするには最適!

さて、湘南モノレールの湘南町屋駅まで戻り、大船駅を目指そう。

■鎌倉中央公園
住所:鎌倉市山崎1667
電話: 0467-45-2750(鎌倉中央公園 管理事務所)
営業時間:8:30〜17:15
休み:なし
駐車場:32台(無料・事前予約制)
アクセス:湘南モノレール湘南町屋駅より徒歩12分
HP:https://www.city.kamakura.kanagawa.jp/koen/p_cyuuou.html

4:午後の仕事は秘密基地のような「はじまる学び場。」で

大船駅に戻り、切り替えて午後のワーケーション。大船は湘南のターミナル駅ということもあり、ワークスペースが急増中! 2021年にできた一風変わったワークスペースが「はじまる学び場。」。

アイデアが生まれそうな、遊び心のある空間
アイデアが生まれそうな、遊び心のある空間

実は学校が多い大船駅は、通学のための乗り換えに使うため学生も多いのが特徴。そんな学生が大人になってもずっと通い続けられる場所を、という思いで作られたのがこちら。もちろん、仕事利用の方も大歓迎!利用者には地元の住民が大半で、受験勉強をしている高校生も多い。また、さまざまな職業の「先生」もいる。ドロップインは500円(2時間)、1日利用は1500円。

Yogiboもあり、リラックスしすぎてしまいそう…!
Yogiboもあり、リラックスしすぎてしまいそう…!

「遊ぶように学ぶ」をコンセプトに、木の形の本棚、ハンモックやブランコ、机として利用する卓球台など、自宅や普通の職場には置かないであろうものがたくさん。遊び心のある空間が珍しく、ワクワクする。「みんなで学ぶ」「みんな&ひとり 可変エリア」「ひとりで学ぶ」のエリアはそれぞれ間仕切りがされておらず、隣のエリアとの壁がないので、周りの様子も垣間見られる。「何をやっているんだろう」と、少し覗いたところから「偶然の出会い」が生まれる。

1人で集中したいという人は「ひとりで学ぶ」エリアへ
1人で集中したいという人は「ひとりで学ぶ」エリアへ

また、意外な使い方として、子供連れでの仕事もできるそう。小学生以下は無料(親同伴)なので、子供を遊ばせつつ親は仕事をする、なんてことも可能だ。大勢の人の目があれば、子供も安心。また、こちらでは定期的にイベントも開催。実際にイベントをやってみたい!という問い合わせも歓迎している。柔軟にレイアウトを変えられるのもこの施設ならでは。

子供も参加できるイベントやワークショップも多数開催
子供も参加できるイベントやワークショップも多数開催

“利用者と繋がる”ことをスタッフが楽しみにしているのも特性の1つ。毎週金曜の夜はTGIF(「Thank God It's Friday」と称した食事会)も実施していて、「鎌倉ワーケーションWEEK Vol.1」の期間中は11月26日(金)に開催予定。詳しくはHPをチェックしよう。

施設は建物の5階。「勇気をもってエレベーターを上がって来てください」と、スタッフの山田美奈都さん。「誰かと出会いたい!」「ここから始まりたい!」という人は、はじめの一歩をここから踏み出してみて。

入口から全体を見渡せる、オープンなワークスペース
入口から全体を見渡せる、オープンなワークスペース


■はじまる学び場。
住所:鎌倉市大船1-11-20 鎌倉石原ビル 5F
電話:なし
営業時間:平日8:30〜21:00 、土曜・日曜・祝日8:30〜18:00
休み:月に1日程度(HP参照)
席数:40席※禁煙
駐車場:なし
アクセス:JR大船駅東口、湘南モノレール大船駅よりすぐ
HP:https://sites.google.com/dokogaku.co.jp/ofuna


大船名物ランチもおすすめ!「茶のみ処 大船軒」

建物の2階を喫茶スペースとして開放している「茶のみ処 大船軒」
建物の2階を喫茶スペースとして開放している「茶のみ処 大船軒」

せっかくなら大船周辺をもっと堪能したい!という人は、柏尾川を渡って大船名物グルメを目指そう。すると、住宅街に現れるのが「茶のみ処 大船軒」。大船駅の開業とともに創業し、古くから親しまれているのが「鯵の押寿し」。駅弁のイメージが強いが、この喫茶ではできたての押寿しをイートインで食べられる。

表札もレトロな本社の社屋は築約90年。戦時中は一時、海軍に接収されるも復活して今に至る
表札もレトロな本社の社屋は築約90年。戦時中は一時、海軍に接収されるも復活して今に至る

2階に上がると、スリッパに履き替えることを促されて室内へ。建物を見学したいというお客の意見が多かったことから、ラウンジを開放したのがきっかけだという。

「大船軒」の歴史などのライブラリーもある。重厚感のある調度品にも注目だ
「大船軒」の歴史などのライブラリーもある。重厚感のある調度品にも注目だ

ここで味わえるのが、お馴染みの「鯵の押寿し」(5貫620円)。鯵を関東風に握り関西風に押して仕上げ、大正2年に発売した歴史のある一品。その頃の湘南では、鯵が湧くように捕れたことから開発されたのだという。

より希少で、小鯵からわずか2切れしか取れない身を、伝統の合わせ酢でしめた「伝承 鯵の押寿し」(5貫820円)は、かながわ名産100選にも選ばれている。柔らかな身をしめた酸味がまろやかで、酢飯もふっくらとしていて食べやすい。

「伝承 鯵の押寿し」。できたてはふっくらと口の中でほどけるようなシャリが格別
「伝承 鯵の押寿し」。できたてはふっくらと口の中でほどけるようなシャリが格別

現在のメニューは、「鯵の押寿し」「伝承 鯵の押寿し」と、身の厚い半身を乗せた小鯛の押寿しとの2種類を盛り合わせた「鯵と小鯛の押寿し」(670円)などのシリーズと、明治32年に生まれた日本で最初の駅弁「大船軒 サンドウィッチ」(530円)などの駅弁類。駅弁を本社で味わうという、貴重な体験も捨てがたい。

コーヒーや紅茶、ジュースなど、ドリンクだけの利用もOK。食事をオーダーすると、210円でコーヒーか紅茶を注文できる。

(左から)「紅茶(アイス)」(310円)、「ジュース」(360円)
(左から)「紅茶(アイス)」(310円)、「ジュース」(360円)

最近までおでかけ自粛ムードだったため、以前は車内販売限定だった「列車のアイスクリーム(バニラ・抹茶)」(各300円)も現在は販売中!硬く冷やされたアイスクリームを、ゆっくりと溶かしながら食べる車内販売のあの体験が、喫茶で楽しめる。昭和初期の面影を感じながら、旅気分に浸ろう。

鯵の押寿しほか弁当は、大船駅構内でも購入できる。手みやげにもぴったりだ。

■茶のみ処 大船軒
住所:鎌倉市岡本2-3-3
電話:0467-44-2005(代表)
営業時間:11:00〜15:00(LO14:30)
休み:月曜、火曜
席数:16席※禁煙
駐車場:2台(無料)
アクセス:JR大船駅西口より徒歩5分、湘南モノレール大船駅より徒歩3分
HP:https://www.ofunaken.co.jp/free/tyanomidokoro

鎌倉で宿泊するなら!

まだまだゆっくり自分自身と向き合いたい…そんな時は、宿泊施設を予約、掲載できるサイト・エアビーで宿泊場所を探そう。湘南モノレールで周遊したあと、「FOLK Koshigoe」で宿泊して、鎌倉気分をさらに満喫しよう。

大広間はなんと22.5畳!縁側でひなたぼっこもできる
大広間はなんと22.5畳!縁側でひなたぼっこもできる

ノスタルジックな雰囲気の、築100年を迎える一棟貸の古民家。海まで徒歩5分なので、早朝の浜辺を散歩するのも、宿泊した人の特権!


協力:湘南モノレール

※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。