ゲーム『戦国無双5』×全国11カ所の博物館がコラボ!武将たちが生きた“戦国時代”を感じよう

文化庁委託事業「博物館異分野連携モデル構築事業」の一環として、マンガ・アニメ・ゲームなどのコンテンツと博物館がコラボした新しい形の企画展・イベントが続々と開催される。人気アクションゲーム「戦国無双」シリーズの最新作『戦国無双5』は、2021年3月2日(火)から3月21日(日)までの期間、「『戦国無双5』博物館応援プロジェクト」を、全国11の博物館で開催。作品を通して“いつもと異なる角度”から、新しい知識や発見を得ることで、「もっと知りたく、もっと見たく」なるプロジェクトとなっている。

「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「長浜市長浜城歴史博物館」
「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「長浜市長浜城歴史博物館」画像提供:長浜市長浜城歴史博物館


「戦国無双」は、コーエーテクモゲームスから発売されている人気ゲームシリーズ。戦国時代を舞台にさまざまな武将を操作し、群がる敵をなぎ倒す一騎当千の爽快感が味わえるアクションゲームで、魅力的な武将たちが織り成す人間ドラマも見どころだ。2004年2月に発売された第1作目「戦国無双」以降、続編や数々の派生タイトルも誕生し、累計販売本数は全世界で770万本以上と多くの人を魅了している。さらに、今年の6月24日(木)には最新作『戦国無双5』の発売が予定されている。

全国11カ所で特別なコラボイベントを開催
全国11カ所で特別なコラボイベントを開催(c)コーエーテクモゲームス All rights reserved.


今回は、この『戦国無双5』シリーズが全国11カ所の歴史・自然・美術・動水植系の博物館と期間限定でコラボし、「『戦国無双5』博物館応援プロジェクト」を開催。これまでのシリーズとは一線を画す、新たな魅力を放つ武将キャラクターたちが全国の博物館に登場する。会場は、「安土城郭資料館」(滋賀県近江八幡市)、「大阪歴史博物館」(大阪府大阪市)、「岐阜県博物館」(岐阜県関市)、「久能山東照宮博物館」(静岡県静岡市)、「滋賀県立安土城考古博物館」(滋賀県近江八幡市)、「神代植物公園」(東京都調布市)、「駿府城公園 坤櫓(ひつじさるやぐら)」(静岡県静岡市)、「泰巖歴史美術館」(東京都町田市)、「長浜城歴史博物館」(滋賀県長浜市)、「名古屋市博物館」(愛知県名古屋市)、「名古屋市秀吉清正記念館」(愛知県名古屋市)の11施設となっている。

「安土城郭資料館」でも「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催
「安土城郭資料館」でも「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催画像提供:安土城郭資料館

「大阪歴史博物館」の常設展示7階
「大阪歴史博物館」の常設展示7階画像提供:大阪歴史博物館


イベントでは、ゲームに登場する戦国時代の武将たちの等身大パネルの設置や、キャラクターの画像がゲットできるデジタルスタンプラリーの実施、グッズ販売を予定している。各施設スタッフが考えた「標語」が記されたオリジナルポスターも見どころだ。さらに2021年3月20日(土)には大阪歴史博物館講堂にて、1DAYイベントとしてトークイベントを開催予定。大阪歴史博物館の学芸員と、『戦国無双5』プロデューサー鯉沼久史さん、『戦国無双5』織田信長役の声優・島﨑信長さんが歴史とゲームについて語る。

左から…濃姫、豊臣秀吉、織田信長、明智光秀、徳川家康
左から…濃姫、豊臣秀吉、織田信長、明智光秀、徳川家康(c)コーエーテクモゲームス All rights reserved.

「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「駿府城公園 坤櫓(ひつじさるやぐら)」
「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「駿府城公園 坤櫓(ひつじさるやぐら)」画像提供:駿府城公園 坤櫓(ひつじさるやぐら)

「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「名古屋市博物館」の長篠合戦図
「『戦国無双』博物館応援プロジェクト」を開催するスポットの1つ「名古屋市博物館」の長篠合戦図画像提供:名古屋市博物館


「ゲーム」と「歴史」、それぞれの観点から“戦国時代”を感じることができる「『戦国無双5』博物館応援プロジェクト」をぜひチェックしてみよう!

「泰巖歴史美術館」の安土城天主閣六層(復元)
「泰巖歴史美術館」の安土城天主閣六層(復元)画像提供:泰巖歴史美術館

「長浜城歴史博物館」の長浜城外観
「長浜城歴史博物館」の長浜城外観画像提供:長浜城歴史博物館


※記事内の価格は特に記載がない場合は税込み表示です。商品・サービスによって軽減税率の対象となり、表示価格と異なる場合があります。
※新型コロナウイルス(COVID-19)感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉、密集、密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

twitter
facebook
line