全国のおでかけ&イベント情報をお届け!

ウォーカープラス

ハッケン!タイケン!のりかえキャンペーン NEXT

ハッケン!タイケン!コンテンツ

九州名所めぐり

一度は行ってみたい九州の名所を
巡ってみた!(大分・宮崎編)

長距離運転も狭い道もラクラク!充実したカーライフを送りたい方にぴったりのTOYOTAのアクア。TVCMを観て、颯爽と走るアクアとともに、走行場所や風景が気になった人も多いのでは? “九州の太陽”こと、今人気急上昇中のタレント佐藤あいりさんもその1人。プライベートでもドライブ好きというあいりさん。「久々の遠出にワクワクしてます」と胸を躍らせながら、アクアを相棒にロケ地巡りへ出かけることに。目的地は、大分県と彼女の出身地でもある宮崎県。シートベルトをしっかり締めたら、新たな発見や体験が待つ旅へ出発!

大分歴史情緒あふれる臼杵「二王座歴史の道」へ

あいりさんが向かった先は、大分県臼杵市。福岡市内から九州自動車道、大分自動車道をアクアでスイスイ、およそ2時間半。臼杵市は、戦国大名・大友氏の城下町として栄えた歴史ある町。そのなかでも、『二王座歴史の道』は、石畳や白壁の建物など、歴史情緒あふれる町並みが残るエリアだ。「とっても風情がありますね。こんなところを車で通るのは初めてかも」。狭い道での運転に少々不安げな表情を見せるあいりさん。しかし、こんな場所こそ、運転のしやすさがウリのアクアがドライバーをしっかりサポート。「小回りが効いて頼りになるやつ~」とすっかりアクアを気に入ったようだ。

二王座歴史の道

臼杵城のお膝元に位置する二王座付近は、狭い路地のあちこちに、重厚な門構えの武家屋敷跡、白壁の土蔵や歴史ある寺院が建ち並び、城下町の面影を色濃く残す地域。なかでも、旧真光寺の前は「切り通し」と呼ばれ、臼杵を代表する景観のひとつとして知られる。

住所
〒875-0041 大分県臼杵市臼杵192-6

寄り道スポット宮崎のご当地グルメに舌鼓

臼杵市を後にしたあいりさんは、東九州自動車道を南下し、一路宮崎県へと向かう。快適な乗り心地のアクアとはいえ、長時間のドライブはこまめな休憩が大事。おなかもすいたところで『道の駅北川はゆま』へ立ち寄った。ここは宮崎県の北の玄関口となる延岡市にある道の駅。地元の特産物や新鮮な農産物が所狭しと並び、驚きの安さに、あいりさんも「うそ!」と目を丸くする。そのほか、「チーズ饅頭」など宮崎ならではのお土産も豊富に取り揃えている。併設するレストランで彼女がオーダーしたのは、延岡が発祥といわれるご当地グルメ「チキン南蛮」。「久々に食べた~」と、自身にとって懐かしい郷土の味に満面の笑顔。「おなかもいっぱい。さあ、もうひと走り!」とアクアのハンドルを握って意気揚々と再出発。

道の駅北川はゆま

住所
〒889-0102 宮崎県延岡市北川町長井5751-1
連絡先
: 0982-24-6006
(無休)

宮崎神話の里に架かる大橋

『道の駅北川はゆま』を出て、熊本方面へ。1時間ほど車を走らせ辿りついたのは、景勝地として名高い高千穂峡だ。天孫降臨の地、神話の里としても知られる地であり、豊かな自然が四季折々の表情で旅人を出迎えてくれる風光明媚な場所でもある。そしてこの高千穂峡に平成15年に架かった『神都高千穂大橋』は、TVCMで使われたロケ地。橋の上からは、雄大な山々や美しい渓谷を望む。安定性に優れ、走行音やエンジン音も静かなアクアは、風の音や小鳥のさえずりなど、自然が奏でるBGMを邪魔しない。近くに車を停め、車を降りてゆっくり深呼吸。「癒されますね」と、高千穂の空気を全身に行き渡らせるように、しばし絶景に見とれていた。

神都高千穂大橋

高千穂峡には、昭和時代の『神橋』と『高千穂大橋』(鋼橋)、そして平成時代の『神都高千穂大橋』(コンクリート橋)と三代の橋が架かっている。『神都高千穂大橋』は橋長300m、高さ約115mを誇る。

住所
宮崎県西臼杵郡高千穂町押方

寄り道スポット観光客であふれる景勝地

アクアと一緒に巡る旅もあっという間。高千穂峡の魅力をもっと味わいたいと、旅の終わりは、高千穂峡周辺を散策することに。渓谷沿いには遊歩道が設けられ、『真名井の滝』や『玉垂の滝』『鬼八の力石』などの観光スポットが点在。あいりさんは、絶景をバックに何度も何度も思い出の1枚を撮影。まだまだ物足りないといわんばかりに、旅の終わりをゆっくりゆっくり噛み締めているようだった。

高千穂峡

住所
〒882-1101 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井
連絡先
: 0982-73-1213
(高千穂町観光協会)

おでかけ後記

大分・宮崎と、TVCMのロケ地をアクアとともに巡った佐藤あいりさん。高速道路はもちろん、狭い道やカーブの多い道、そして長距離運転といった、いつもとは違ったドライブを体験。日頃もクルマの運転をするというあいりさんは、アクアの乗り心地をどう感じたのだろうか。女性ならではの視点も含め、率直に語ってもらった。

もっと読む
PAGETOP↑