スヌーピーミュージアム開館1周年記念展はピーナッツの仲間が活躍!

スヌーピーミュージアム(東京都港区)は9月24日(日)まで、開館1周年記念展「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」を開催中。2016年4月にオープンした同ミュージアムは約半年ごとにテーマが変わり、3度目となる今回は「ピーナッツ・ギャング」の愛称で親しまれるスヌーピーの仲間たちにフィーチャーした内容となっている。

開館1周年記念展「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」を「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の中島恵美さんがレポート

スヌーピーが大好きで第1回展から通っているという、動画ファッションマガジン「C CHANNEL」クリッパー(投稿者)の中島恵美さんが内覧会に潜入!いち早くミュージアムの様子をレポートしてくれた。

同館はカリフォルニアにある本家「シュルツ美術館」の、世界で初めてとなるサテライト分館

スヌーピーミュージアムは、1年弱で来場者数述べ57万人を突破した人気ぶり。「定期的にテーマと内容が変わるので、来るたびにワクワクします。今回はスヌーピーとピーナッツ・ギャングが主役ということで、キャラクターたちをより深く知ることができるかな?」と中島さん。

チケットを受け取りホールに入ると、スタチュー「ドリーミング・スヌーピー」が!ドッグハウスの上でスヌーピーがぐっすり

施設はスヌーピーたちが登場するコミック「PEANUTS(ピーナッツ)」の原画やアニメーションなどの展示エリアのほか、ミュージアムショップのBROWN’S STOREと、オリジナルメニューを展開するCafe Blanketで構成される。

充実の展示と新たなアニメーションに注目!

「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」では、70以上のキャラクターの中から、特になじみ深いキャラクターを中心に紹介。初登場した日付からシンボルや弱点まで、細かなプロフィールと共に代表的な原画計80点が飾られている。

ピーナッツ・ギャングひとりひとりにフィーチャーした展示は、フォトスポットにもなっている。こちらは1980年の「災い転じて不幸となる」をモチーフにしたチャーリー・ブラウン

「キャラクターごとに原画が紹介されていて分かりやすい!コミックのシーンにちなんだパネルがフォトスポットになっているのも楽しいですね」(中島さん)。館内は4月22日から、一般来場者もほとんどのエリアで写真撮影が可能になった。撮影が楽しめるよう工夫された、館内のレイアウトも見どころのひとつだ。

途中にある柱「ビッグハグ」も、スヌーピーの耳が付けられリニューアル。「抱き心地はまさにスヌーピー。癒される〜」と、中島さんもぎゅっ!
1976年のぬいぐるみ(右下段)や1969年の動くフィギュア(左下段)など、貴重なヴィンテージグッズも。「ピーナッツは自分が生まれる前からあるんだと思うと、不思議な気持ち」(中島さん)

注目は、初登場のインタラクティブ・シアター「ピーナッツ・ギャング・オーケストラ!」。ここでは指揮者スヌーピーと仲間たちのオーケストラたちのオリジナル映像を上映する。一部の客席に座ると、演奏中の彼らがリアクションをする仕掛けも!

着席するとキャラクターがリアクションする「ピーナッツ・ギャング・オーケストラ!」。席にはキャラクターの名前が書かれているので、好きなキャラクターのところに座ってみて

「チャーリー・ブラウンやマーシー、シュローダー…大好きな仲間たちが勢ぞろいしていて、テンションが上がっちゃいました。知らなかったスヌーピーとのエピソードもたくさんあって、見応えがありましたね。そしてなにより、フォトスポットや映像で体験しながら楽しめる仕掛けがいい!」(中島さん)。

キュートなカフェメニュー&約200点の新グッズがお目見え

続いては、Cafe Blanketでランチタイム。本展から販売される5つの新メニューから、今日は「ピーナッツ・ギャング・デリプレート」(税抜1530円)と約1カ月おきに変わるドリンク「スヌーピーミュージアム1周年記念 マンスリーフロート“フリーダ&ファーロン”」(税抜880円)、「開館1周年記念パンケーキ」(税抜1250円)を注文。

「開館1周年記念パンケーキ」(写真左・1250円)、「ピーナッツ・ギャング・デリプレート」(同中・1530円)など、5種類の新メニューに注目※各税抜き

「デリプレートはパンケーキにコミックのワンシーンを描いた焼き印が押されているのもポイントですね。ボリューミーなので友達とシェアするのもおすすめ。フロートはブルーベリーチーズケーキ味のアイスがのっていて、デザートとしても楽しめます。5月22日(月)から味が変わるらしいのでチェックしたいですね!」(中島さん)。

「パンケーキは香ばしい生地と甘いストロベリーホイップの相性がたまらない!ふんわりラベンダーの風味が広がるドリンクはこの季節にぴったりですね」(中島さん)

おなかがいっぱいになったら、最後はミュージアムショップのBROWN’S STOREで買い物。あまりのかわいさに、「どれもおうちに連れて帰りたい!」と中島さん。迷いに迷って、小物をいくつかチョイス。ちなみに、中島さんが抱いているフリーダの飼い猫、ファーロンのぬいぐるみは世界初登場のもの!グッズは販売状況によって品切れの可能性があるため、早めにチェックしたい。

BROWN’S STOREでは約650のオリジナルグッズを展開。ウッドストックの上に抱いている「ぬいぐるみ ファーロン」(税抜き2800円)は世界初登場のもの
選んだのは「ウォータードーム」(3000円)※品切れ中のため入荷予定は公式HPをチェック、「1周年トミカ」(800円)、ココアとバター味が入った「レリーフ缶クッキー」(1200円)※各税抜き、手前右から時計回り

「展示はもちろん、メニューやグッズなどお楽しみがいっぱい!館内がパステルカラーのリボンやフラッグで装飾されていて、アニーバーサリー仕様になっているのもかわいかったです!」と中島さん。

最後はスヌーピーミュージアムのスタッフユニフォームを着たスヌーピーとパチリ※普段の登場はなし

ピーナッツ・ギャングたちが迎えてくれる「ピーナッツ・ギャング・オールスターズ!−ともだちを紹介してよ、スヌーピー。」。みんなに会いに、ぜひ足を運んでみて。



★動画でチェック!★

気になる”スヌーピーの魅力をもっと見る