全国のおでかけ&イベント情報をお届け!

ウォーカープラス

偉大なる「メジロ牧場」の功績を紹介する展覧会をJRA競馬博物館で開催!偉大なる「メジロ牧場」の功績を紹介する展覧会をJRA競馬博物館で開催!

「メジロ牧場の歴史〜白と緑の蹄跡〜」ポスター画像

マックイーンからオルフェーヴルへ
今も受け継がれるメジロ牧場の功績

白地に緑の一本輪の勝負服で日本の競馬史に多くの功績を刻んだ名オーナーブリーダー(自ら生産した競走馬を自ら所有する生産馬主)メジロ牧場。2011年にその歴史に幕をおろしたが、輝かしい名馬たちは今も多くの競馬ファンの脳裏に刻まれ、またその遺伝子を受け継ぐ名馬が誕生している。その偉大な牧場を紹介する展覧会「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡~」が10月6日(土)~2019年2月17日(日)にJRA競馬博物館で開催される。メジロアサマ・メジロティターン・メジロマックイーンの父仔三代天皇賞制覇に象徴される天皇賞へのこだわりをはじめ、数々の名馬や牧場の写真を展示。そして関係者によるインタビュー、またオルフェーヴルなどその血を受け継ぐ名馬たちも紹介。オールドファンには懐かしく、最近競馬を始めた人にはゴールドシップやモーリスなどと深い関係があることで新鮮さを感じられるはずだ。そして、メジロライアンの主戦であった横山典弘騎手のトークショーも10月6日(土)16:35~17:00に東京競馬場のパドックで開催。競馬パーソナリティの鈴木淑子さんとさまざまな話が繰り広げられそうで、こちらも楽しみ。

「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡~」のチェックポイント!

  • 現洞爺湖町にあった育成牧場。目の前にそびえる有珠山の2度の大噴火で大きな被害が出たこともあったが、牧草に豊富なミネラルが含まれているという馬にとっては好立地でもあった

    現洞爺湖町にあった育成牧場。目の前にそびえる有珠山の2度の大噴火で大きな被害が出たこともあったが、牧草に豊富なミネラルが含まれているという馬にとっては好立地でもあった

    チェックポイント1
    メジロ牧場の偉大な歴史と功績を
    貴重な展示物で振り返る

    自ら生産し育てた競走馬を所有するオーナーブリーダーのメジロ牧場。その創業者である北野豊吉氏と妻・ミヤさんの天皇賞と父内国産馬へのこだわりと、その象徴であるメジロアサマ・メジロティターン・メジロマックイーンによる父仔三代天皇賞制覇を通じて、牧場としての思いや信念を紹介。1967年に伊達町(現伊達市)に創業した牧場や、さらに5年後の1972年に洞爺村(現洞爺湖町)に開設した育成牧場の写真も展示。2011年にその歴史に幕を降ろしたが、競馬場だけではなく、牧場へ訪れたことのある人は懐かしく感じられるはず。

  • メジロライアンの主戦騎手として活躍した横山典弘騎手。現在は30年以上のキャリアを持つベテラン騎手に成長し、長男と三男もJRA騎手になっている

    メジロライアンの主戦騎手として活躍した横山典弘騎手。現在は30年以上のキャリアを持つベテラン騎手に成長し、長男と三男もJRA騎手になっている

    チェックポイント2
    騎手や調教師など関係者が
    「メジロ」を語る貴重なインタビューも

    競走馬の生産を自ら行ったメジロ牧場だが、トレーニングセンターで調教を行う調教師やレースで手綱をとる騎手たちも見逃せない。JRA初の牝馬三冠馬メジロラモーヌを管理した奥平真治元調教師や、メジロマックイーンを育て上げた池江泰郎元調教師、そして天皇賞などいくつものGⅠ(日本の競馬の最もグレードの高いレース)を制覇したメジロマックイーンの武豊騎手や、まだデビュー3年の時に主戦騎手に抜擢され、宝塚記念制覇などをとげ共に成長したメジロライアンの横山典弘騎手、こちらもデビュー2年目でメジロドーベルの主戦騎手になりGⅠ5勝をあげた吉田豊騎手などのインタビュー映像も放映。北野豊吉・ミヤ夫婦とのエピソードや愛馬との思い出話は必見。若手ジョッキーを積極的に起用し、共に成長していく、日本競馬の発展にも貢献をしたその功績を特別インタビューから感じとれそう。

  • 天皇賞制覇の肩掛(レイ)。左からメジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーン優勝のもの。3200mの長距離にこだわったメジロ牧場のすごさがわかる

    天皇賞制覇の肩掛(レイ)。左からメジロアサマ、メジロティターン、メジロマックイーン優勝のもの。3200mの長距離にこだわったメジロ牧場のすごさがわかる

    チェックポイント3
    名馬のさまざまな写真や
    実際に着用した馬具なども展示

    数々の功績とその名馬を写真パネルなどで紹介。史上最強ステイヤーとの声も高いメジロマックイーンや、同馬とその同期であるメジロライアン・メジロパーマーによる宝塚記念三連覇など数々の名レースが写真でよみがえる。そして蹄鉄など実際に着用した貴重な馬具なども展示。また、メジロマックイーンは母の父として、現在は種牡馬で活躍しているオルフェーヴル(現役時は三冠馬であり、18年の皐月賞を制したエポカドーロなどGⅠ馬を早くも輩出)やゴールドシップ(現役時は天皇賞・春や有馬記念などを制覇)、また2015年度のJRA年度代表馬にも輝いたモーリスの母親はメジロフランシスとその血は今も受け継がれており、その偉大なる血脈も紹介する。最近競馬を知った人は、その偉大なる血統のすごさに感動するはずだ。

「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡」はみどころ満載!

  • メジロ牧場の創業者・北野豊吉(1904~1984年)。1967年に北海道伊達町(現伊達市)、1972年に洞爺村(現洞爺湖町)に牧場を開設しオーナーブリーダーとして名を馳せた
  • 第60回天皇賞をメジロタイヨウで制した時の表彰式。騎手は横山典弘騎手の父横山富雄。5番人気ながら不良馬場の東京競馬場の3200mを抜群のスタミナで制した
  • 横山典弘騎手との名コンビで1991年の宝塚記念を勝ったメジロライアン。引退後も函館競馬場にイベントで来場するなど人気を集めた
  • JRA初の牝馬三冠に輝いたメジロラモーヌを管理した奥平真治元調教師。日本ダービーはメジロアルダン、メジロライアンで2着など、惜しくも手が届かなかった
  • 騎手時代には1986年にメジロラモーヌで牝馬三冠、1998年にメジロブライトで天皇賞・春を制した河内 洋調教師。2000年には史上5人目の五大クラシック(桜花賞・オークス・皐月賞・日本ダービー・菊花賞)完全制覇も達成するなどトップジョッキーとして活躍した
  • オークス、秋華賞、エリザベス女王杯連覇などGⅠ5勝をしたメジロドーベルの主戦ジョッキーとして名を馳せた吉田 豊騎手。2013年には当時史上26人目のJRA通算1000勝も達成した
  • 菊花賞と有馬記念を制したメジロデュレンや、メジロマックイーンを管理した池江泰郎元調教師。あのディープインパクトを管理した名伯楽
  • メジロマックイーンで天皇賞・春2連覇など、数々の金字塔を打ち立てている武 豊騎手。JRA平地GI完全制覇まで残すは朝日杯フューチュリティステークスとホープフルステークスのみ(2018年9月28日現在)
  • GI5勝のメジロドーベルを管理した大久保洋吉元調教師。父大久保末吉元調教師とともに親子二代にわたってメジロ牧場を盛りたててきた
  • 2011年5月15日、メジロコウミョウで“白と緑”の服色による最後の勝利を遂げた黛弘人騎手。父の黛幸弘元騎手もメジロに深くかかわった

秋の特別展詳細はこちら!

秋季特別展「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡~」

秋季特別展「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡~」

数々の名馬を送り出してきた名門オーナーブリーダー「メジロ牧場」の栄光と足跡を、数々の展示物と騎手・調教師のインタビューで振り返る貴重な展示会。
■開催期間 2018年10月6日(土)~2019年2月17日(日)
■場所 JRA競馬博物館1階エントランス・ギャラリー及び2階第3展示室
■主催 公益財団法人 馬事文化財団
■後援 一般社団法人 中央競馬振興会、胆振軽種馬農業協同組合

横山典弘騎手トークショー

「横山典弘騎手トークショー」

メジロ牧場所属馬で主戦を務めた横山典弘騎手のトークショー。メジロライアンやメジロ牧場への想いを聞けるまたとないチャンス。
■開催期間 10月6日(土)16:35~17:00頃
■場所 東京競馬場パドック
■出演 横山典弘、鈴木淑子
★当日は東京競馬場内でコラボ抽選会を開催

竹山まゆみさん 博物館ガイドツアー

「竹山まゆみさん 博物館ガイドツアー」

フリーアナウンサー竹山まゆみさんによる秋季特別展「メジロ牧場の歴史~”白と緑”の蹄跡~ 」の展示解説。わかりやすい解説で展示をより深く知ることができる。女性を対象とした日程もあり。
■開催日 ①10月7日(日)、10月28日(日)、11月25日(日) ②10月14日(日)、11月11日(日)
■参加定員 ①博物館エントランスホールにて受付された先着20名様 ②UMAJO SPOT(フジビュースタンド5階10番柱付近)にいらっしゃる女性先着20名様

吉田豊騎手・横山典弘騎手写真撮影会

「吉田豊騎手・横山典弘騎手写真撮影会」

メジロドーベルの主戦騎手である吉田豊騎手、メジロライアンの主戦騎手である横山典弘騎手が参加。JRAを代表する騎手と記念撮影ができるめったにない機会。
■開催日 ①吉田豊騎手 10月28日(日) ②横山典弘騎手 11月25日(日)
■対象者数 各回10組さま(最大4名まで)*館内でアンケートに答えた方の中から抽選により決定

※イベントの詳細は競馬博物館のホームページでご確認ください。

JRA競馬博物館

JRA競馬博物館

施設情報

■住所 東京都府中市日吉町1-1 JRA東京競馬場内
■開館時間 10:00~17:00(東京競馬開催日およびパークウインズ開催日)、10:00~16:00(その他の日)
■休館日 3~11月:月・火曜、12~2月:月・火・金曜 ※祝日・振替休日の場合は開館し、3〜11月は直後の平日が振替休館
■料金 無料 ※東京競馬開催日は競馬場への入場料200円が必要
■問い合わせ 042-314-5800
■公式HP http://www.bajibunka.jrao.ne.jp/keiba/
■アクセス
(1)京王線 府中競馬正門前駅から徒歩7分、東府中駅から徒歩10分、府中駅から徒歩18分
(2)JR武蔵野線/JR南武線 府中本町駅から徒歩18分
(3)西武多摩川線 是政駅から徒歩20分

ウォーカープラス