日本橋べったら市2019


東京の秋の風物詩「べったら市」は、年一回、日本橋の宝田恵比寿神社周辺で開かれる伝統行事。「東京にいたか屋」はじめ約500軒もの露店がにぎやかに立ち並び、夜には一面の提灯に明かりが灯る。令和初となる今年も例年通り10月19日(土)、20日(日)に開催。2日間、大いに盛り上がる日本橋の街を訪れてみよう。



この2日間は日本橋の街がお祭りムード一色に染まり、スーツ姿の人が行き交うオフィス街の景色がガラリと一変する。

        

日本橋 べったら市
日時:2019年10月19日(土)、20日(日) 12:00~21:00
会場:宝田恵比寿神社とその周辺
交通:JR総武線新日本橋駅
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅
都営新宿線馬喰横山駅
都営浅草線人形町駅

約500軒の露店がずらりと並ぶ「日本橋 べったら市」

「べったら市」の時期がいよいよ到来。今年も10月19日(土)、20日(日)の2日間、12時から21時まで、日本橋・宝田恵比寿神社とその周辺で開催される。

続きを表示

“食欲の秋”だけじゃない! 伝統あるお神輿や盆踊りにも注目

出し物にも毎年趣向が凝らされ、1日目、2日目それぞれで秋の祭りを彩る人気の演目が執り行われる。

続きを表示

始まりは恵比寿さまをまつる行事のための市

現代では東京の秋の風物詩となっている「べったら市」だが、その起源は古く、江戸時代の中期まで遡る。

続きを表示

「ベったら漬け」の由来と“宮内庁御用達”の逸品

べったら漬けとは、塩漬けした大根を米麹や砂糖で甘く本漬けにしたもののこと。長い歴史の中で愛され続けてきた日本の伝統食で、徳川第十五代将軍の慶喜公も好んで食べたと言われる。

続きを表示

現代の名品 話題の「東京すだちべったら漬」

創業80年の東京にいたか屋が、自信を持って現代の東京に送り出したのが「東京すだちべったら漬」だ。

続きを表示

© KADOKAWA CORPORATION 2019