日本橋 べったら市 2019 へ行こう!

東京の秋の風物詩「べったら市」は、年一回、日本橋の宝田恵比寿神社周辺で開かれる伝統行事。
「東京にいたか屋」はじめ約500軒もの露店がにぎやかに立ち並び、夜には一面の提灯に明かりが灯る。
令和初となる今年も例年通り10月19日(土)、20日(日)に開催。2日間、大いに盛り上がる日本橋の街を訪れてみよう。

Walkerplus >日本橋 べったら市 2019へ行こう!

日本橋の街がお祭りムード一色に染まる

べったら市

スーツ姿の人々が忙しなく行き交うオフィス街の景色がガラリと一変

約500軒の露店が立ち並ぶ「日本橋 べったら市」

べったら市

「べったら市」の時期がいよいよ到来。今年も10月19日(土)、20日(日)の2日間、12時から21時まで、日本橋・宝田恵比寿神社とその周辺で開催される。地元民から観光客まで例年約10万人が集う、東京の秋の風物詩だ。

「べったら市」にはべったら漬けの名店「東京にいたか屋」をはじめ、地元の老舗など約500軒の露店が軒を連ねる。べったら漬けとは大根の甘い漬物のことで、江戸時代から伝わる東京の名産品。他にも、焼きそばやお好み焼きといった定番屋台めしから、飴細工のような伝統の和菓子まで、さまざまな種類の食べ物が楽しめる。

“食欲の秋”だけじゃない! 伝統あるお神輿や盆踊りにも注目

出し物にも毎年趣向が凝らされている。19日(土)には宝田恵比寿神社の山車や子供神輿、大人神輿が露店の周りを練り歩き、文字通りお祭り騒ぎに。20日(日)には「べったら音頭」「日本橋音頭」などの盆踊りが生歌唱にて行われ、粋な祭りを盛り上げる。特に、べったら音頭に登場するべったら漬けを振る動きは必見だ。

オフィスビルがひしめく日本橋の街で、歴史と伝統あるお祭りが開催され、屋台や神輿が1500以上の提灯で照らされる様子は、古きと新しきが重なり合った独特の風情を生み出している。

べったら市

始まりは恵比寿さまをまつる行事のための市

宝田恵比寿神社

「べったら市」の起源は江戸中期にある。そもそもの始まりは、10月20日の「えびす講」の前日、宝田恵比寿神社の門前でえびす講に必要な品を売る市が開かれたこと。えびす講とは、商家で恵比寿さまをまつり、親族や知人を招いて祝った行事をさす。

はじめは魚や野菜、神棚などが並んでいたが、特にべったら漬けがよく売れたため「べったら市」と呼ばれるようになり、明治以降に今の形に変化していったと言われる。以後、宝田恵比寿神社には日本橋七福神の恵比寿像がまつられ、商業の神様として商人の厚い信仰を受けることとなった。

「ベったら漬け」の由来と“宮内庁御用達”の逸品

べったら漬けとは、塩漬けした大根を米麹や砂糖で甘く本漬けにしたもののこと。長い歴史の中で愛され続けてきた日本の伝統食で、徳川第十五代将軍の慶喜公も好んで食べたと言われる。

名前の由来は、衣服に「べったりとついてしまう」ことから。「べったら市」でも、若者が「べったりつくぞぉ~、べったりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回し、客の着物につけてからかったという話が語り継がれている。

べったら漬けのなかでも、江戸時代中期から続く名店 東京にいたか屋の「東京べったら漬」は逸品。手間暇かけてつくられ、食通の文化人からも「これぞ正真正銘のべったら漬け」とお墨付きをもらうほど。昭和32年に天皇陛下・皇后陛下へ献上されて以来、50年以上もの間“宮内庁御用達”の品となっている。また、全国観光土産品連盟の「観光土産品推奨品」や、東京都中央区観光協会の推奨名産品の指定も受けている。

べったら漬け

現代の名品 話題の「東京すだちべったら漬」

東京すだちべったら漬

東京にいたか屋が現代の東京に送り出したのが「東京すだちべったら漬」。徳島産すだち果汁のさっぱりとした味わいが特徴で、うなぎやさんま、焼肉など、秋に味わいたい脂の乗った食べ物と相性抜群だ。

例年9月に目黒駅周辺で開催される「目黒のさんま祭り」でも、「爽やかな風味と独特の味わいが、旬のさんまにベストマッチ」と好評を得ている。

「べったら市」の開催にあわせ、10月末までの期間限定で販売中。食欲の秋をさらに楽しめる「東京すだちべったら漬」をぜひ堪能してみて。

東京にいたか屋から、東京べったら漬の詰め合わせ(東京べったら漬2本、東京ゆずべったら漬2本)を抽選で5名様にプレゼント!
応募締切:2019年10月20日(日)まで


応募はコチラから


DATA

宝田恵比寿神社とその周辺

>> googleマップで見る

日時 : 2019年10月19日(土)、20日(日)
12:00~21:00
会場 : 宝田恵比寿神社とその周辺
交通 : JR総武線新日本橋駅
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅
都営新宿線馬喰横山駅
都営浅草線人形町駅
東京にいたか屋オンラインショップ

観光客や祭りでにぎわう市の様子

宝田恵比寿神社周辺には、たくさんのべったら漬けの屋台が並ぶ。べったら漬けは普段はなじみのない日本の伝統食だが、楽しいお祭りをきっかけにぜひ手に取ってみたいところ。皮つき、皮なしで食感が変わるのはもちろん、店舗によって甘さも異なるため、食べ歩いてあなた好みのものを持ち帰ろう。

べったら市

▲ページトップへ