トク旅北海道

  • TOP
  • 最新北海道ニュース

光に包まれる!函館のイルミネーション3選

2017年12月8日

今年で20回めを迎える「はこだてクリスマスファンタジー」や、函館のシンボル的スポット「五稜郭タワー」の電飾など、函館では街中で光り輝くイルミネーションが点灯しています。

■赤レンガ倉庫群前海上
「20th Anniversary 2017はこだてクリスマスファンタジー」
期間:12月1日(金)~12月25日(月)

画像提供:函館国際観光コンベンション協会

今年で20回目を迎えるイルミネーション。目玉は、姉妹都市であるカナダのハリファックス市から贈られた“幸せのもみの木”を約14万8000個のイルミネーションで飾り付けた高さ20mの巨大クリスマスツリーです。赤レンガ倉庫群前の海上に浮かぶ華やかなツリーが彩る会場内には、スープバーが登場し、開港都市として栄えた函館の異国文化と独自の食文化が溶け込んだ各店自慢のオリジナルスープが1杯600円で楽します♪

■八幡坂、二十間坂、開港通り
「2018はこだて冬フェスティバル はこだてイルミネーション」
期間:12月1日(金)~2018年2月28日(水)

画像提供:函館国際観光コンベンション協会

“光に包まれた愛の街・函館”をテーマに、歴史的な建造物が建ち並ぶ元町地区を代表する坂道などがイルミネーション飾られます。期間中は、函館山からの夜景が冬の空気と相まってさらに美しく見られる他、イルミネーションで彩られた異国情緒あふれる街並みの散策など、きらびやかな函館の冬の夜を満喫できます。

■五稜郭タワー
「五稜星の夢(ほしのゆめ)イルミネーション」
期間:12月1日(金)~2018年2月28日(水)

画像提供:五稜星の夢実行委員会

函館のシンボル的スポット「五稜郭」の堀を電球で装飾し、光の星を浮かび上がらせる冬の風物詩。1.8kmに渡る堀の周りに約2000個の電球がともされており、五稜郭タワーの展望台から光の星の全景を見渡すことができます。時季や天候、積雪具合で変わる様々な表情が楽しめることでしょう。

今の季節にしか楽しめない光り輝く函館。ロマンチックなひとときをお楽しみください!

クーポンはこちらから

クーポンの使い方 クーポンの使い方

▲ トップページへ戻る