トク旅北海道

  • TOP
  • 最新北海道ニュース

異国情緒漂う街・函館でゆったり散歩を満喫しよう

2017年5月30日

江戸時代末期、ペリー来航をきっかけに貿易港のひとつとして開港して以来、外来文化の影響を受け発展してきた函館。モダンな洋館や教会、港など、異国情緒たっぷりの街並みはお散歩するのにぴったりです。

まずは、レトロな赤レンガ倉庫が立ち並ぶベイエリアを散策し、港町風情が残る街並みへ。少し疲れてしまったら、大正ロマンを感じられる「茶房 旧茶屋亭」で一休みがおすすめ!明治末期に建造された海産商の店舗と居室を利用した店内、ハイカラな気分にひたれます。

約3年ほど熟成したコーヒーは小豆とも相性抜群!「三年熟成珈琲セット」(税込1100円)をぜひ味わってください。

休憩が済んだら、函館市旧イギリス領事館で開港の歴史を学びましょう。函館市旧イギリス領事館は、1934年(昭和9年)まで実際に使用されていた歴史的建造物。館内では、開港の歴史や文化を楽しく学ぶことができます。

夜になると、昼間とは全く違った表情を見せてくれるのが函館の魅力。函館山ロープウェイに乗って、山頂に向かいましょう。世界一とも称される美しい夜景は、旅の疲れを癒やしてくれることでしょう。ロープウェイ山麓駅から山頂までは3分ほど。夜景を楽しむなら、日没20分後から30分後がオススメです。

昼間は海を見ながらのんびり街歩き、夜はキラキラ美しい夜景を楽しむ。異国情緒あふれる函館で、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

クーポンはこちらから

▲ トップページへ戻る