• グルメ店
  • 観光名所
  • 宿泊施設
  • ボランティア
  • クチコミ
東北Walker > 東日本大震災ボランティア イエローページ > ボランティアに行くにはこの装備が必要
ボランティア活動の心得
ボランティア活動の流れ
ボランティアに行くにはこの装備が必要

ボランティアに行くにはこの装備が必要


ボランティア準備持ち物チェックリスト

 水・飲み物
熱中症を防ぐためににこまめに水分補給を。水やお茶だけではなくスポーツドリンクが効果的。
 帽子・ヘルメット
夏の強い陽射しを防ぐ、または落下物から頭部を守るために必要。
 食料・食塩・梅干し
手軽に食べられる栄養補助食品や、水分の吸収をよくするための梅干などの塩分など摂取できるものを。
 長そでの服
作業中に皮膚を傷つけないよう、夏場でも長そでの着用が基本。
 長ズボン
ケガから身を守るため、皮膚を出さない格好で作業をする。
 着替えの服
作業中に汗をかいたり、汚れる可能性があるので着替えを持って行くほうがよい。
 長靴or安全な靴
長靴はひざ下までの長いものを。靴も登山用など底の厚いものを。鉄板を入れたものがベスト。
 雨具
作業活動中、突然の雨やゲリラ豪雨もありえる。気温が低いときは防寒具にも。
 ゴーグル
粉じんから目を守るため。コンタクトレンズ使用者は必須!
 マスク
防じん、防臭、菌の吸入を防ぐ。防じん仕様の立体型がおすすめ。
 タオル
汗をふき、汚れを落とし、頭部を守る時にも使える上に、首に巻けば日焼け対策アイテムにも。
 冷却シート
熱中症対策に、体を冷やしながら作業を!
 ゴムor革手袋
滑り止め&手の保護のために厚手のものを用意しよう。
 保険証
万が一の怪我や病気の際に備えて持っておこう。
 常備薬・救急セット
簡易版でもいいので、持っておくと重宝する。
 ウエストポーチ
貴重品や救急セットなど手元に置きたいアイテムを入れる。
 デイパック
荷物はコンパクトに。救急セットや雨具など必要なものを!
ボランティア活動の心得ボランティア活動の流れボランティアに行くにはこの装備が必要

ボランティアに行くにはこの装備が必要 TOPに戻る -

おすすめ情報

「平泉」で世界遺産のパワーに触れる
東北応援コンテンツ