• グルメ店
  • 観光名所
  • 宿泊施設
  • ボランティア
  • クチコミ
東北Walker > 東日本大震災ボランティア イエローページ

東日本大震災 ボランティアイエローページ

新着!ボランティア情報

2012年4月22日~22日

(2012年4月6日 up)

4月22日(日)に中央台「ア・パースニュータウンドーム」にてイベントあり。内容としては、子ども・大人を対象にした運動系のイベント。

いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター

2012年3月19日~4月5日

(2012年3月19日 up)

詳細はお問い合わせください

いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター

2012年3月19日~未定

(2012年3月19日 up)

詳細は問い合わせ

いわき市小名浜地区復興支援ボランティアセンター

ボランティア活動の心得ボランティア活動の流れボランティアに行くにはこの装備が必要

ボランティア体験談

持ち主を待つキレイになった写真

『1人の力でも役に立てる!』と実感しました

亘理町災害ボランティアセンターには、津波で家屋から流出しガレキの中に埋もれていた様々な流出物が山積みにされています。そのなかでも、被災者の方の思い出である写真を洗浄する作業を今回担当しました。

詳細を見る

全国からの支援物資に温かい善意を感じました

物資の保管場所になっている体育館には、行き場を無くした物資が山積みになっています。その送られてきた物資のなかの、衣類の仕分け作業を担当いたしました。

詳細を見る

思いやりが大切な家屋内の作業

私自身がスマトラ島沖地震による津波で被災し、そのときはレスキューされる側にいました。見ず知らずの方々が自分の命の安全を省みず、私を救ってくれたことで今の私があるのだと感謝しています。

詳細を見る

被災者のためには後方支援も重要

4月から山形に引っ越しましたが、地元は宮城県で、仙台市内で自分も被災しました。幸い自分の周りは大事にいたらなかったのですが、仙台市内やすぐ近くで、同じ被災をしながらより悪い状況で今を生きている人がいると思うと、何か少しでも力になりたいと強く感じて実際に行動を起こしました。

詳細を見る

足湯&マッサージ隊は話し相手にもなれる!

少人数(3、4人)に分かれて2、3か所の避難所へ出向き、避難してきている方の身体に触れ、タッピングタッチをしながら、リラックスしてもらえる状態を作り、被災者のお話を聞きました。

詳細を見る

地元の人の笑顔に触れ逆に元気をもらった

側溝の泥出しを担当しました。道路の両側にある側溝にたまった泥を取り出す作業です。石蓋を、道具を使って外し、中の泥を2人1組で取り出します。

詳細を見る

ボランティアイエローページ TOPに戻る -

おすすめ情報

「平泉」で世界遺産のパワーに触れる
東北応援コンテンツ