MAMA'S Tips ママも子どもも楽しくなくっちゃ! 「楽育」しよう! LET'S TANOIKU!

目に入れても痛くないほどかわいい我が子。そんな子どもたちには、親として尽くしてあげたいものです。彼らが幸せになれるように、ママ&パパも楽しんで子育てしよう!

アクティブ派ママに贈る
ベビーカー選びの秘訣!

エアバギー外観

エアバギー

東海エリアでは唯一の直営店「エアバギー BUILD名古屋店」。久屋大通に面した開放感のある店内で、チャイルドシートや抱っこひもなどのベビーギアも充実の品ぞろえだ。【住所:名古屋市中区栄4-16-33 日本経済新聞社名古屋支社ビル1F/電話:052-269-3262/営業時間:11:00~19:00】



ママと赤ちゃんのおでかけに大活躍するベビーカー。日常生活における買い物や散歩はもちろん、遊園地やテーマパークなどへ行く際にも絶対に欠かせない存在だ。しかも赤ちゃんはベビーカーに乗っていつもと違う高さで外の景色を見ることで五感が刺激され、好奇心が育つという。

エアバギー記事写真

ベビーカーを選ぶ前に気を付けたいこと

だが、ベビーカーにはさまざまな大きさや種類があるので、「なにを基準に選んだらいいか分からない…」と迷う人も多いのでは…?

そんな時、まずは自分のライフスタイルを振り返ってみよう。クルマをよく使うのか、電車やバスでの移動が多いのか、徒歩中心の生活なのか…などによって、同じベビーカーでもその利用シーンは大きく異なる。第一歩として、自分の生活のなかでベビーカーを使う場面を思い浮かべてみることが大切だ。

エアバギー記事写真

自宅の玄関の広さや通路の広さ、坂道や砂利道の有無といった周辺の道路環境、またマンションであればエレベーターや階段の有無など、自分の住環境も改めてチェックしておこう。また、よく使う駅の改札幅や、エレベーターの有無なども事前に確認しておきたい。

買い物時の利用を想定しているなら、よく行く店の通路幅や、段差の有無も確認しておけばパーフェクト。ただ、大型ショッピングモールなどではベビーカー付きカートの貸し出しを行っていることもあるので、そもそもベビーカーが不要という可能性も!?

基本的なベビーカーの種類をおさらい

ベビーカーの種類には、大まかに分けて2つある。シートをリクライニングできて生後1か月くらいから使える「A型」と、腰が据わる生後6か月くらいから使える「B型」だ。最近ではママやパパの多様化する要望に合わせて、各メーカーからほかにも趣向を凝らしたベビーカーが次々と登場している。

エアバギー記事写真

アクティブ派におすすめのベビーカーはコレ!

多種多様なベビーカーがあるなかで、「たくさんおでかけをしたい!」というアクティブ派のママにオススメなのが「AirBuggy COCO BRAKE EX」(税抜6万円)だ。これは前輪が1つしかない3輪タイプで、特徴はなんといっても走行性のよさ。小回りが利いて操作しやすい構造で、押し心地もよくスイスイと進むので、長時間移動でもストレスが少ないのがうれしい。

エアバギー記事写真

車輪にはクッション性の高いエアタイヤが採用されており、段差や砂利道、凸凹道もお手のもの。地面から伝わる振動も穏やかなので、赤ちゃんも快適に過ごせるはずだ。対象は首が据わる生後およそ3か月くらいからだが、別売りのチャイルドシートをドッキングさせることで新生児から使用することも可能となっているのもポイント。

エアバギー記事写真

選択肢が多いベビーカー選びでは、赤ちゃんの安全性を最優先しながら、自分たちのライフスタイルやママ&パパの快適性(もちろん赤ちゃんも!)なども考慮したい。

自分の生活にぴったりの一台を見つけて、赤ちゃんと一緒に楽しいおでかけの思い出をたくさん作ろう!

  • エアバギー BUILD名古屋店 是津元子さん

    早い方だと、赤ちゃんが生まれる半年ほど前からベビーカー選びを始められます。エアバギーは、走行性はもちろん、パパが押してもさまになるクールなデザインも人気の理由。「エアバギー BUILD名古屋店」では、全1万8000パターンの中からフレームやシートオプションを選んでカスタムオーダーすることもできますよ

    エアバギー店長代理

AUTUMN Specialty おでかけするならココ! この秋のイチオシ! AUTUMN SPECIALTY

秋は鈴鹿サーキットがハロウィーン一色に…!?ベビー&キッズも楽しめるハロウィーンイベントのほか、この秋にイチオシのアトラクションやトピックスもたっぷりご紹介!

秋の鈴鹿サーキットではイベントなども盛りだくさん!

TOPへ