春休み特集2016 > 東海のテーマパーク・遊園地 > 三重県のテーマパーク・遊園地 > 鈴鹿サーキット モートピア

テーマパーク・遊園地

【遊園地】 柔らかな陽射しと一緒におでかけ!

鈴鹿サーキット モートピア

イベント有

三重県 鈴鹿市
鈴鹿サーキット モートピア

日本を代表するサーキットの遊園地

50年以上の歴史を持つ鈴鹿サーキットには、車や電車、バイクなど自分で操ることができるアトラクションが揃っている。小さな子供でも乗車できるものも数多くあり、乗り物の楽しさを伝えることができる。2017年3月には“楽しい発見いっぱい”を体感できるエリア、「チララのハローガーデン」がオープン。新アトラクション「ぶんぶんばち」とプレイフィールド「ぶんぶんばちひろば」が新登場した。
このスポットの地図を見る

イベントデータ

ピピラののりもの天国

子供から大人まで楽しめる乗り物体験イベントが2016年も開催。スーパーカーフェスティバル(5月1日)では、フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーのエンジン音を体感したり、運転席に座ったりなど、実物に触れて楽しめる。また、全長6.5mの大型ブルドーザーなど、60台以上の車が登場する働くクルマ大集合(5月3日~5日)、F1マシンのデモ走行やミニ四駆実車化プロジェクトで制作した「エアロバンテ」のデモ走行等が行われるコロコロHOBBYフェスタ(4月29日)など盛りだくさんの内容だ。国際レーシングコースを走行できるBIKE!BIKE!BIKE!(4月30日)も行われる。
開催日時2016年4月29日(金)~2016年5月5日(木)

BIKE!BIKE!BIKE!

鈴鹿8耐やF1日本グランプリなどが開催されている国際レーシングコースを、参加者が自分のバイクで走行し、走行距離8万kmを目指すイベント。原付やタンデムも参加可能なので、通常のレースでは見ることのできない車種が国際コース上を走行する様子が見られるのも見どころのひとつ。また、現役モトクロス選手の小島庸平や、元ホンダ直系の契約ライダーで現在は解説者も務める宮城光など、バイク業界の有名人たちが先導走行を行い、クルージングを盛り上げる。さらに鈴鹿市が拠点のメーカー「モリワキ」のヒストリーマシンの展示、電動バイク「神電 四」と「韋駄天ZERO」のデモ走行、タイヤ交換体験やサスのセッティング講座なども行われる。
開催日時2016年4月30日(土)~2016年4月30日(土)

コロコロ ホビー フェスタ in SUZUKA with アニキ

乾電池とモーターで動く全長約15cmのレーシングホビー、ミニ四駆の人気車種「エアロ アバンテ」を「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」が、ドライバーが運転できる実車を製作。世界初となるミニ四駆と実車が対決する「夢の対決 1/32 エアロ アバンテ VS 1/1 エアロ アバンテ」が行われる。また、カーレース最高峰カテゴリーのF1マシンと、実車「エアロ アバンテ」が対決するエキシビションマッチも開催する。その他、会場ではスタンプラリーやお楽しみ抽選会、コロコロコミックに連載中のマンガ家によるサイン会も行われる。
開催日時2016年4月29日(金)~2016年4月29日(金)

基本データ

※営業時間、料金、定休日等は変更になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。
住所 三重県鈴鹿市稲生町7992 このスポットの地図を見る
営業時間 10:00~17:00 季節・曜日によって異なる
定休日 6月中旬、1月下旬~2月上旬
アクセス 【電車】近鉄白子駅からバスで鈴鹿サーキット終点下車すぐ 【車】東名阪自動車道鈴鹿ICから約30分
駐車場 3500台 1000円。二輪車(50cc以上)は500円※時季によって変動あり
TEL 059-378-1111 代表
関連サイト http://www.suzukacircuit.jp/msfan_s/
※表示料金は消費税8%内税表示です。