ラーメンWalker 2018年版 特別企画

新店部門:総合1位〜10位


Walkerplus > ラーメンWalkerグランプリ2017 > 結果発表 > 新店部門:総合1位〜10位

ラーメンwalkerグランプリ

47都道府県の旨い店を決定する「ラーメンWalkerグランプリ」を今年も開催!
読者・WEBユーザー、そして百麺人の投票によるガチなランキング。

ラーメンWalkerグランプリ2017 結果発表

お待たせしました!「ラーメンWalkerグランプリ2017」のランキング結果を発表します。
2016年12月31日までにオープンした店舗を対象に、全国・新店・都道府県の各部門で、読者と百麺人の投票によって選ばれた全国屈指の“ウマイ店”を大発表!ラーメンのプロ集団・百麺人たちの熱いコメントと共にお届けします!
※投票期間:2016年10月18日〜2017年5月30日

新店部門 : 総合1位〜10

1位
MENSHO

東京23区

2位
真鯛らーめん 麺魚

東京23区

3位
中村麺三郎商店

神奈川県

田中一明

鶏ガラ、丸鶏に加え、豚・牛などの動物系素材を駆使したスープは、口の中でうま味が変遷する重層的な味わい。(田中一明)

山本剛志

様々な素材を弱火で長時間炊き上げたスープは、味がとがらずにまろやか。国産小麦をブレンドした自家製麺も上質。(山本剛志)

4位
ナルトもメンマもないけれど。

神奈川県

小林孝充

印象的な店名で話題の店。鶏の旨みを生かしたシンプルなラーメンは食べ終わりにピークが来る構成になっている。(小林孝充)

田中一明

鶏ガラのみならず鶏節を積極的に活用することで、キレの良さと芳醇な出汁感を演出。麺は、京都の名門『麺屋棣鄂』製。(田中一明)

山本剛志

鶏魚介のスープに、独特な塩ダレが香りと個性を立たせる。ピーマンなどの具が個性的だが、理にかなった味になってる。(山本剛志)

5位
中華蕎麦 生る

愛知県

小林孝充

ウリであるつけそばもいいが濃厚塩中華そばがまた良い。チャーシューの上に乗る塩漬けレモンが良いアクセントに。(小林孝充)

はんつ遠藤

動物系に野菜、魚介の深みも加わったつけ汁。 国産小麦の外皮に近い部分や全粒粉などを用いた自 家製麺も楽しい。(はんつ遠藤)

6位
自家製麺 鶏冠

山形県

7位
だし廊

宮城県

田中一明

新潟のご当地麺・長岡生姜ラーメンを独自のセンスでアレンジ。スープ・麺はもちろん、チャーシューの味わいも超一流。(田中一明)

8位
燃えよ 麺助

大阪府

小林孝充

すでにかなりの行列となっており、そのおしゃれさからかカップルで来ている客が多いのが印象に残る。(小林孝充)

はんつ遠藤

鶏や鴨を用いた醤油味の「紀州鴨そば」は、ポルチーニの鴨油も加わり、豊かなコク。藁焼きチャーシューも秀逸。(はんつ遠藤)

山本剛志

「紀州鴨そば」と「金色貝そば」の、2種類の醤油ラーメンは、どちらも完成度が高くて迷わせる。店内の雰囲気も良い。(山本剛志)

9位
獅子丸

愛知県

小林孝充

一番人気という獅子丸ぱいたんらぁめんは関西から広がりを見せてきている泡系の一杯。やわらかな味わいのスープ。(小林孝充)

はんつ遠藤

トンコツと鶏ガラの旨味と野菜の甘味のバランスが良いスープは、いわゆる“泡系”で、クリーミー。(はんつ遠藤)

10位
らーめん shigetomi

神奈川県

田中一明

町の洋食屋さんのような小洒落た店内で味わう清湯ラーメンは、軍鶏、鰹、貝などの素材が作用し合い五臓六腑を癒やす。(田中一明)




ラーメンWalker最新号を購入する

ラーメンWalker東京版2018

定価: 972円(税込み)
発売日:2017年9月22日(金)

東京23区版・武蔵野多摩版がついに合体! 東京ラーメン本の決定版ついに登場!!『ラーメWalker』史上最大の掲載数を突破!

  • カドカワストアで購入する
  • amazon kindleで購入する



ラーメンWalker公式アカウントをフォローする