おかあさん、ずっとみてて。 第1回 キモチの矢印は、おかあさん

子どものころ、いつでもおかあさんにみててほしかった。 おかあさんがいちばん近くにいた、そんな「あのころ」のおはなしです。