日本橋べったら市へ行こう!

江戸中期の中ごろから続く伝統行事「べったら市」。そんな"江戸"の粋な祭りが
今年も10月19日(木)と20日(金)に、宝田恵比寿神社とその周辺(中央区日本橋本町3丁目)で開催される。
約500軒もの露店が軒を連ね、19日にはお神輿も登場。日本橋の街が大いに盛り上がる!

Walkerplus >日本橋 べったら市へ行こう!

約500軒にも及ぶ「べったら漬け」の屋台がズラリ!東京の秋の風物詩「べったら市」10月19日(木)、20日(金)開催!

べったら市

東京・日本橋が誇る、伝統行事「べったら市」の季節が今年もやってきた!
「べったら市」というお祭りの名前は、宝田恵比寿神社の門前で行われるえびす講で、べったら漬けがよく売られていたことに由来。江戸幕府の第十五代将軍徳川慶喜公も好んで食べたと言われており、江戸時代から続く伝統ある漬物であることがわかる。
毎年10月19日、20日に開催される「べったら市」は今では「東京にいたか屋」をはじめ、約500軒もの露店が軒を連ね、多くの人が日本橋の街に集まる東京の秋の風物詩となっている。

江戸時代から現代まで。永きにわたり愛される「ベったら漬け」とは?

"べったら漬け"は、麹と砂糖などの甘味料で大根を漬け込んでいるため、衣服にべったりとついてしまうことから名づけられている。かつて若者が「べったりつくぞぉ~、べったりつくぞぉ~」と叫びながら縄に縛った大根を振り回し、参詣客の着物の袖につけてからかっていたのだとか。
江戸時代中期から続く歴史と伝統を持つ名店 東京にいたか屋の「東京べったら漬」は、数ある"べったら漬け"の中でも至極の逸品。昭和32年に那須御用邸に参上し、天皇陛下・皇后陛下へ献上され、昭和40年からは宮内庁御用達となっている。贅沢すぎるほどの手間暇をかけて作られるべったら漬は、食通の文化人からも「これこそ正真正銘のべったら漬け」とお墨付きを受けるほど。また全国観光土産品連盟の「観光土産品推奨品」、さらに東京都中央区観光協会の推奨名産品としての指定も受けている。

べったら漬け

起源は宝田恵比寿神社・えびす講へのお供えもの市

宝田恵比寿神社

「べったら市」の起源は江戸中期の中ごろにまで遡る。
宝田恵比寿神社の門前で10月20日のえびす講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日にえびす講の道具を商う市が立ったことが始まりと言われている。以降、宝田恵比寿神社には、日本橋七福神の恵比寿像も祀られ、商業の神様として商人の厚い信仰を受けることとなった。えびす講は大変なにぎわいを見せ、特に、魚や野菜、神棚などを商う市が、明治以後に「べったら市」に変化したと伝わっている。

目黒さんま祭でも大人気!「東京すだちべったら漬」

東京にいたか屋の「東京すだちべったら漬」は、徳島産のすだち果汁を贅沢に使用したさっぱりとした味わいが特徴。うなぎやさんま、焼肉など脂の乗った食べ物との相性も抜群の大人気商品だ。
9月に目黒駅周辺で開催された「目黒のさんま祭り」でも好評を得て、「爽やかな風味と独特の味わいが、脂の乗った旬のさんまにベストマッチ!」と人気をつかんだ。
10月末までの期間限定で販売中。食欲の秋をさらに楽しめる「東京すだちべったら漬」を、ぜひ堪能してみて!

東京すだちべったら漬

東京にいたか屋から、東京べったら漬の詰め合わせ(東京べったら漬2本、東京ゆずべったら漬2本)を抽選で5名様にプレゼント!
応募〆切り 2017年10月20日(金)まで

応募はコチラから

DATA

宝田恵比寿神社とその周辺

>> googleマップで見る

日時 : 2017年10月19日(木)、20日(金)
12:00~21:00
会場 : 宝田恵比寿神社とその周辺
交通 : JR総武線新日本橋駅
東京メトロ日比谷線小伝馬町駅
都営新宿線馬喰横山駅
都営浅草線人形町駅
東京にいたか屋オンラインショップ

観光客や祭りでにぎわう市の様子

宝田恵比寿神社周辺にはたくさんのべったら漬けの屋台が並ぶ。なかでもおすすめなのが、創業80年の宮内庁御用達「東京にいたか屋」のべったら漬け。その伝統ある味わいは昭和天皇にも献上され、こよなく愛されたといわれている。夜は提灯が灯り、さらにお祭りムードに。19日はお神輿も出て“江戸”の粋な祭りを盛り上げる。

べったら市

▲ページトップへ